前へ
次へ

離婚問題のプロが教えるリスクと準備

今や日本も離婚率が高くなってきていて、3人に1人は離婚する時代となりました。
離婚問題に強い弁

more

離婚問題を解決したいと思ったら

3組に1組が離婚している日本では、たくさんの人が日々離婚問題に頭を悩ませています。
離婚したい

more

離婚問題を上手く解決する為に必要な事

カップルが交際を深めたり、お見合いを通じて交流を深めたりして結婚という事に繋がっていきますが、最初は

more

離婚問題は第一に話し合いを行う

家庭のトラブルとなるのが、家庭内別居からの離婚問題です。
どうしてそこまでの問題に発展してしまうのか、性格の不一致であったり、価値観、それこそ、他に好きな人ができることも考えられます。
法律家に相談する前に、あらゆる夫婦問題を解決するエキスパートにアドバイスをもらいましょう。
夫婦間に抱える様々な身体と心の問題を解決し、その2人らしい生き方をサポートします。
問題は非常に多様化、DV、育児、仕事などがキッカケになり、離婚率も急増しているのが実情です。
なるべくなら、別れる道を選ばない改善点を話し合いましょう。
離婚問題では、当事者が合意して離婚届を提出する協議離婚と、合意がないために裁判所で決めてもらう裁判離婚があります。
合意して、というのが円満な別れに繋がりますが、もちろん離婚届を提出するまでに決めておかなければならないのは、その後の生活面です。
夫婦で築いた財産があるなら、分与しなければなりません。
子どもがいるなら、親権はどちらが持つのか、さらに教育費の問題もあります。
親権に関しては、多くの場合には母親が権利を取得しています。
そして父親が教育費と当面の生活費の支払いに応じています。

ちなみに、離婚に応じない裁判では、離婚原因があるかないかで、離婚の可否という結論が異なることを知っているでしょうか。
一方が離婚に反対している場合には離婚原因が認められなければ、裁判を起こしても離婚ができません。
法律上は、不貞行為、いわゆる不倫をしていたり、長期間の別居生活であるなど、結婚生活を継続しがたいことが証明されれば、成立する場合もあります。
また、財産分与も夫婦として築いた財産のみが対象になります。
OL時代の貯金や投資してきた株券などは対象外です。
結婚生活で築いた財産、婚姻届を提出してからの月日での財産です。
それこそ、結婚してから不動産を取得したり、自動車を取得した場合には、協議離婚でも弁護士に介入してもらい、どうした分け方がいいのか話し合いましょう。

Page Top